2006年01月31日

(Review)P・F・ドラッカー『現代の経営』

一番尊敬する学者さんはと問われれば、
真っ先に挙げるのは故ピーター・ドラッカー。
(政治学の学者の名前は思い浮かびませんでした)

その著書はかなり読んでいるが、
やはり『現代の経営』に全てのエッセンスが詰まっていると感じる。
1954年に書かれたとは驚きなくらい、現代にも通じる内容である。

以下、特に参考になった部分をメモの意味も含めて(若干編集して)記述。

---------------------------------------
“経営管理者の仕事”
---------------------------------------
1.目標設定
目標が何でなければならないか決定し、具体的なゴールを決定し、
達成するために何をしなければならないか決定する。
そして、達成のために仕事を行う人に、目標を理解させ、意味あるものとする。

2.組織
必要とされる活動、意志決定、関係分析、仕事の分類。
仕事をマネジメント可能な活動に分け、マネジメント可能な作業に分ける。
それらの活動や作業を組織し、作業をマネジメントする人を選び、
それらの仕事を行うべき人を選ぶ。

3.動機付け、コミュニケーション
仕事に責任を持つ人間をチームにまとめる。
「仕事を通じて行う」「部下との関係を通じて行う」
「優れた仕事に対するインセンティブや報奨によって行う」
「昇進に関わる方針によって行う」
「経営管理者から部下へのコミュニケーションと、部下から経営管理者へのコミュニケーションによって行う」

4.評価測定
仕事ぶりを評価測定するための尺度を設定。
自らが率いる単位組織のあらゆる人間が、組織全体の成果に焦点を合わせ、
かつ自らの仕事に焦点を合わせた尺度、彼らの助けになる尺度を持つようにする。
仕事ぶりを評価し、分析、解釈。
それら評価測定の意味と結果を、部下と上司に伝える。

5.部下の育成
マネジメントの仕方によって、部下の成長を容易にも困難にもする。
部下を正しく方向付ける。さもなければ誤って方向付けてしまう。
部下の強みを引き出す。さもなければせっかくの強みを殺してしまう。
部下の仕事への真摯さを強化する。さもなければ腐敗させてしまう。
まっすぐ強くなるよう訓練する。さもなければねじ曲げてしまう。


---------------------------------------
“戦略的な意志決定に置いて重要なこと”
---------------------------------------

正しい答えを見つけることではなく、
正しい問いを探すことに力を傾けること。



『経営者の条件』も名著。
心からオススメです。



posted by 鯰 at 01:27| Comment(12) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

雑記連投

部屋で上半身裸で居たら、ネコに乳首を噛まれた。
それは食物と違うんだよクマ子。
ドライフードに似ていたかいクマ子。

------

単位が足りない。

年頭から言い続けているので全くもって目新しい発言ではないが、
単位が足りない。

あまりにもあちこちで単位と卒業について聞かれて、
しかもそのスタンスがほとんど「実は大丈夫なんでしょ?」的なノリなので、
ここではっきりさせておきたい。

卒論含めると、残り30単位以上ある。

いかんともしがたい事実なので、
以後、慮るように。

------

上記と若干被るのだが、卒論を書き終えた。

必死で書いてる人には申し訳ないが、
僕の卒論所要時間は20時間弱である。

書けば貰える6単位がおいしい、
と思える時間しか投じないと心に決めていたので、
所期の目標は達成したこととなる。

でも、ここの会社の社長には負けることに気がついて萎えた。
確か所要時間3時間とか言ってた気がする。

世の中には、計り知れないことが多すぎる。

posted by 鯰 at 07:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

年頭ポエジー

2006年も始まり、干支も三周目に入った。
色々な区切りだと言うことで、とりあえずここ数年間を振り返ってみた。

で、色々考えたが、
結局の所、一番象徴的な変化は、
Mr.ChildrenのCROSS ROADに、
素直に、強く、共感できるようになったこと。


中学校ではじめて、アルバム“深海”を聞いて衝撃を受けて以来、
ずっと彼らのファンで居たことは居たのだが、
特にこの曲に関しては、何の感想も持ってこなかった。
いや、というよりは嫌いだったという方が正確であった。

転調もそれ程多くなく、起伏も多くなく、
泣かせるわけでもなく、奮わせるわけでもない、
ありふれた失恋ソングだと、ぬるい感性で僕は考えていた。

それが、23歳になった今、180度変わった。

細やかな、情の機微をつづった歌詞や、
悲しさと未来への意志とが同居したメロディーラインなど、
全てにおいて心に響くようになったのである。
何故これまで遠ざけていたのかがむしろ不思議だと感じたくらいに。

これを書いたときの桜井さんの年齢は、奇しくも同じ23歳。
今日をもって、CROSS ROADの対象年齢を23歳と議決する。



------
誰もが胸の奥に秘めた 迷いの中で
手にしたぬくもりを それぞれに抱きしめて
新たなる道を行く

Mr.Children / CROSS ROADより
posted by 鯰 at 01:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。