2006年06月02日

ぼくのインセプション

Tully's Coffeeの300店舗目が、
麻生十番駅4番出口の付近にオープンした。

オープン日に何気なく自転車で通りかかると、
店の前に佇んでいる人の顔に見覚えが。
Uターンして確認してみる。

間違いない。社長の松田公太さんだ。

遡るは大学2年の晩秋、雑誌を創刊しようと決意した。
ほうぼうにインタビューの依頼をし、断られまくる中で、
快く応じてくださったのが松田さんだった。

ほとんど人生初めてのインタビューだったが、
知らず知らずのうちに松田さんの鋭い眼光に魅せられ、
どんどんと勢いづきながら、質問を重ねていった。

そして最後、インタビューも無事終了し、
部屋から退出されるときに僕にむかって一言。

「君は起業したいの?」

どういう文脈でそういう問いになったのかは失念したが、
その言葉と、それに返した自分の答えは鮮烈に覚えている。

「はい。そう考えています」

それまで、色々と悩んでいたことに一瞬で区切りが付いた瞬間だった。
そうか、僕は起業したいんだったのか、と。

そこで頂いた一言で定まったマインドセット。
松田社長の一言のおかげで、
今の、スーパー楽しい毎日に足を踏み入れられたのだと思うと、
感謝しても感謝しても、全くしたりない。

もう一度Uターンし、松田さんに軽く会釈をしてから仕事場へ戻ったのだった。
posted by 鯰 at 21:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それはすごい偶然ですね!
何かと載ってるし、筑波大で起業と言ったら
やっぱり松田さんですよね。
ツクマガで取材できたのは本当にすごいことですよね。

あと、麻布十番に自転車に乗ってること自体
がすごいですが。。。(笑)
Posted by いしい at 2006年06月04日 01:31
前に会ったときよりも大分元気そうでした。
会社が順調なのであろうと思われます。

麻布十番近辺は、チャリがあるとほんと便利。
六本木や恵比寿、品川から目黒まで、
すいすい着けますよ。
Posted by 鯰 at 2006年06月04日 22:56
運命的で面白いね〜。松田公太さんて筑波だったんだね。知らなかったよ。
Posted by ぜんたろう at 2006年06月06日 00:52
>ぜんたろうさん

コメントありがとうございます。

筑波大出身の起業家っていうと、
彼の他にほとんど居ないってのが実情なんですが(苦笑

タリーズでコーヒー飲みながら、
僕も将来のためにぼちぼち勉強します。
Posted by 鯰 at 2006年06月06日 09:33
てゆーか、300店舗ってすごい
Posted by える at 2006年06月08日 00:37
てゆーか、300店舗ってすごい。

フランチャイズ料だけで食っていけるやん。

あ、もしかしてそんなチッポケな思想ではない?

失礼しやした。
Posted by える at 2006年06月08日 00:39
>える 氏

300店舗は確かに凄いし、
フランチャイズ料で食べていけるのはそうなんだろう。
けど、そのフランチャイズの競争力を保つのは、
並大抵の苦労ではないと思われるよ。
Posted by 鯰 at 2006年06月08日 19:38
た、確かに。マネーの虎で失敗してた人たくさん見たことを思うと…。勝ち組になれるのは、ほんの一握りなんですかねぇ。

お、関西にもたくさんあるやん。いつか飲んでみますか…
Posted by える at 2006年06月08日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。