2005年02月20日

興味深いインタビュー

こっそり愛読している原田氏のブログで取り上げられていた、
江川紹子の堀江貴文インタビューが非常に面白い。

「新聞・テレビを殺します」 〜ライブドアのメディア戦略

かなり内容が(主張としても構造的(笑)にも)興味深いので、
是非ともご一読願いたい。

思うことは色々あるのだが、ちょっとまとめてから明日にでも。

皆様のご意見も是非伺いたい所存である。
posted by 鯰 at 10:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーい!
ありがとうございましーっ
 その記事すごいよね。
なんというか書き手がうまい!
Posted by 原田 at 2005年02月21日 03:07
初めまして
ようやく来ることができました。
記事読みました。面白いかったです。
特に現行の新聞の見出しによって読み手側の意識が作られるといったあたりの指摘は見事だと思います。
地上波デジタルが始まっていく中でテレビは”生きて”いけるのかを見てみたい。やってることはインターネットと大差はないのでは・・・(その経験値は別として)

レポートが溜まってる中なのでこの辺でまた書きにきます。
Posted by maru at 2005年02月22日 23:48
初めまして
ようやく来ることができました。
記事読みました。面白いかったです。
特に現行の新聞の見出しによって読み手側の意識が作られるといったあたりの指摘は見事だと思います。
地上波デジタルが始まっていく中でテレビは”生きて”いけるのかを見てみたい。やってることはインターネットと大差はないのでは・・・(その経験値は別として)

レポートが溜まってる中なのでこの辺でまた書きにきます。
Posted by maru at 2005年02月22日 23:50
ごめんなさい 
Posted by maru at 2005年02月22日 23:52
> 原田氏

おー、コメント有り難うございます。
書き手の巧さは、書き方もそうですが、
聞き方にもあるのだな感じましたです。

> maru氏

おお、わざわざいらして頂いて有り難うございます。
双方向性、という言葉だけに集約してしまえばそうかもしれませんね。
ただ、その経験値と現段階での顧客認知、ポテンシャルの果てしない差を考えると、
もう、完全に別のものと捉えられる気がします。
Posted by 鯰 at 2005年02月23日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。