2006年11月29日

シングルモルトにうってつけの日

というわけで、
掲題のような体の良い言い訳を思いついたので、
六本木のBAR CASKに行ってきました。

とにかく前評判どおりの店でした。

凄い、そして高い。

品揃えは圧巻です。
インディペンデントボトラーズのオールド物はもちろん、
オフィシャルの80年代、70年代のボトルも所狭しと並んでいます。
山崎の50年やらアードベックの40年やら、目も眩みそうです。

そんな中、前から飲んでみたかったこともあって特に気になったのが、
ボウモアのバイセンテナリー。
値段は1ショット(30cc)12,000円とのこと。

確かに、もうそうそう手に入るものではないし、
味の評判もとても良いのだが、即決できる金額でも無く。

といいながらも、ほぼ間違いなく近日中に飲みに行くことになると思われるのです。
僕の金銭感覚は、就業時間が終わると無くなる性質があるのです。

尚、参考までに記しておくと、
山崎50年は1ショット95,000円だそうです。

まあ、小売でも1本100万円だったし、仕方ないのかもしれんですけどね。


以上(´∀`)
posted by 鯰 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。