2005年05月14日

読書三昧

就職活動も完全に落ち着き、会社の方も意図的に仕事を抑えているので、(去年に比べれば)非常に多くの時間が取れるようになってきた。

そうなると自然と足が本屋に向くのが自分の習性。

濫読もいいところの読み方をするので、中身をチェックしなくても、タイトルが面白そうなら大体買ってしまう。

最近は一日一冊以上のペースで読みこなしている筈なのに、一向に未読本が減らず、むしろ増えていくのはこれ如何に。
しみじみ自分の本質が引きこもりだという事を実感しながら、今日も深夜まで読みふけります。
posted by 鯰 at 02:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近よかった本は?

Posted by 善 at 2005年05月14日 14:13
そうそうヒキノコル!
まだまだサバイバルだよパタ先生(笑
私は出たがりの精神的ヒキコモリ。
読もうと思ってた宮城谷を社長に貸したので、
新しい宮城谷を買ってしまった…orz
別の読めばいいじゃんね…
Posted by マツコ at 2005年05月14日 14:45
>善 さん
ご来訪ありがとうございます。
最近ので良かったのは、
太宰治『新樹の言葉』(新潮文庫)とか、
塩野七生『ローマ人の物語』(新潮文庫)
等ですね。
書評もどきもぼちぼち上げていこうと思っています。

>マツコ さん 僕は震度8でもひきのこります。
超サバイバルです。

貴社は読書ブームですか。
僕の分も買っておいてください(笑
Posted by 鯰 at 2005年05月16日 14:52
ローマ人、は有名だよね。あれってやっぱ面白い
んだ。今度話聞かしてくれ。

俺は新書ばかり読む人なんだけど、今読んでる
谷沢永一『聖徳太子はいなかった』(新潮新書)
はかなり面白いです。

歴史上のフィクションと誰がそれを必要とした
かがなど、歴史と権力の関係が書かれています。
Posted by 善 at 2005年05月18日 23:28
>善 さん
ローマ人面白いですよー。

おお、谷沢永一の読者がここに。
前から気になっていたので是非読んでみますー。
Posted by 鯰 at 2005年05月21日 04:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3622252

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。