2005年08月21日

資産と複利とアインシュタイン

“人間の発明した仕組みでもっとも驚くべきものは複利である”

アインシュタインが遺した言葉です。

複利のインパクトについては良くご存知の方もいらっしゃるでしょうが、
改めてここでも解説しておきましょう。

もし、今手元に30万円あったとします。
これを年率7%で30年間運用したらいくらになると思います?

5年後には42万円
10年後には59万円
15年後には82万円
20年後には116万円
25年後には162万円

30年後には約7倍の228万円強になります。
7%という利率は、今の日本では中々見る数字ではありませんが、
世界を探せばこれくらいのリターンを得られるものはいくらでもあります。
(興味があれば聞いてください。もちろんリスクもあります。)

さて、複利でポイントとなってくるのは、利回りです。
上記だと7%でしたが、仮に8%でまわすとどうなるでしょうか。
なんと30年後には約352万円になります。
1%の利率が違うだけで、124万円、元本の4倍分の差が出てきます。

つまり、価値を得て資産を増やしていくには、
資産をどこに置いて、
どれだけの利率で回転させ、リターンを生んでいくか、

ということが非常に重要になってくるのです。

これは、お金に限らず、
世の中のどんな資産にでも当てはまることです。

パソコンなり、携帯なり、鉛筆なり、
どこに置かれて、どのような使い方をされるか、
ということで、最終的に生み出せる価値は全然変わってきます。

要するに何が言いたいかというと、
世の中全員が持っている資産である、
“自分”という資産の“運用”に是非気を使って欲しいということです。

今、自分という資産の額面が低くても大して問題にはなりません。
要は、自分という資産をどこに置いて、
どのような利率で運用し、価値を増やしていくかが重要になってくるんですよ。

もちろん、価値はお金に限りません。
それぞれの人にとって色々な価値があると思います。

どの価値にフォーカスし、高めていくのか、
どうしたらその利率が高まっていくのか、
出来るだけ早いタイミングで考えるほど、将来のインパクトも大きくなります。

進学、就職、その他色々な転機には特に、
自分という資産の利率を最大限にできる選択肢を選び、
その後のパフォーマンスを最大化していきたいものです。



…とまあ、偉そうなことを書いてきましたが、
今、全然たいした事無い自分に対しての鼓舞の意味が多分にありまして。

大事にする価値を見据え、僕も日々必死の運用をしていきたいと思います。
posted by 鯰 at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

どうして「価値を高めること」に価値があるのか、
そこを時々振り返ってみることも大事ですよね。

君に限っては全くないだろうけど、
リターンを追うことが目的となって、
バーンアウトしませんよう。
Posted by みなみ at 2005年08月22日 14:43
> どうして「価値を高めること」に価値があるのか、
> そこを時々振り返ってみることも大事ですよね。

だねえ。

実際、価値なんて複数の観点があって、
一方向のベクトルでは絶対に表せないですよね。
複数の価値がトレードオフ状態になることだってあるし。

まあ上記で一番言いたかったのは、
もし、目指すベクトルが一本大きくあるなら、
現状の自分の大きさなんて気にせず、
将来に向けて頑張ればええのよ、という事で。


> 君に限っては全くないだろうけど、
> リターンを追うことが目的となって、
> バーンアウトしませんよう。

一行目から含み笑いが透けて見えるのは何故ですか。

確かに大きなリターンにはリスクも伴います。
バーンアウトもその一つだろうねえ。
個人的には固定金利で淡々とまわしていくのをお勧めします。
Posted by 鯰 at 2005年08月22日 14:54
”野村のバーチャル株式倶楽部”やってました。今も続いてますが。

元金100万で最初1ヶ月で10万くらいもうけました。

どっかの株を買って3ヶ月くらいほっておいたら、47万になってました。

おそるべしジャスダック...

お金がかかる事にはほんと弱いと改めて思う今日このごろ。
Posted by たなべ at 2005年08月22日 21:40
>たなべ氏

バーチャルの株式運用あるね。

僕は小額ですが株式運用してます。
ジャスダック銘柄とかは、変動性が強いので、
頻繁に流れを見ていないと大変な事になることもあります。

ただ、リスクとリターンは表裏一体なので、
積極的にリスクをとれば、高いリターンを望むことも可能なんですけどね。

まあその辺は好みだわ。あと人生設計次第。
Posted by 鯰 at 2005年08月26日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6103084

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。